不況で倒産寸前のベンチャー企業(?)でプログラマー歴2年になった 新米プログラマーの日記のような雑記です。
welcome 猫並プログラマーの奮闘日記 !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

Farseer Physics Engine 3.0を試用してみる
プログラム系で書くのは久々かもしれない(・_・;
いや、仕事ではプログラム組んでますが機密事案が多いもので・・・。

今回はXNAで製作中のゲームに物理エンジンを組み込もうと思い、
「Farseer Physics Engine」をいろいろ触ってたんですが最近3.0がリリースされたので試用してみることにしました。

Farseer Physics Engineサイト


2.xシリーズとの相違点は物理エンジン部分が、ActionScript用の物理エンジンライブラリで有名な「Box2D」を移植?というか真似ている点です。

マニュアル自体に「Box2D」のマニュアルページのリンクがあるので、ほとんど同じなんでしょうね。

使い方はサンプルを参考にすれば動くところまでは作れますね。

しかし、複雑形状を利用しようとしたら嵌りました・・・。

なぜかテクスチャ情報からFactorieでFixture作ろうとするとアサートがでるんですよね・・・。

調べたら、ポリゴンの形状が凸状かつ頂点数が8個以内でないとアサートがでるようになってました。

どうも、Box2D自体にある問題みたいです。

その部分を解決せずに移植されたのか、改善されてるけど一応チェックが入ってるのかは不明なんですが(英語が苦手で・・・)(・_・;

頂点数の最大はソース上で変更可能みたいですが、形状の制限自体は検証が必要かな・・・。

とりあえず、アサートを無視しても衝突処理は正常ぽく動作してるので問題ないのかも。

ただ、いろいろな凹形状でも検証してみないと分からないなー。



制作中のゲームにも導入中なので、動くようになったら動画うpの予定です。
スポンサーサイト
category : サークル活動  comment : 0  track back : 0

thema:プログラミング - genre:コンピュータ















 

trackback URL
http://nekohara348.blog99.fc2.com/tb.php/217-b429a95c
trackback
プロフィール

猫原

Author:猫原
猫でもわかる程度の能力な新米プログラマーです。

扱える言語:
アセンブラ(intel系,SH系),C/C++,C#,
java,PHP,etc...

趣味
アニメとかゲームとかプログラムとか
ようするにオタク
(特にガンダム大好きです)

最近のマイブームはニコ動でアイマス架空戦記見ること
(千早かわいいよ千早)

フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。